お知らせ・コラム

NEWS・COLUMN
2020.06.18

コラム

日本の文化を英語で説明しよう!雛祭りについて

日本独特の文化の一つである3月3日の雛祭りは、「桃の節句」とも呼ばれ、女の子の健やかな成長と幸せを祈るお祭りです。女の子のいる家庭では雛人形を飾り、ちらし寿司などの伝統料理を食べます。昔は、川などに身代わり人形を流し厄払いをしていましたが、現代では雛人形を飾るようになりました。雛人形は宮中の衣装を身に着けていて、その美しさから海外で紹介されることも多いです。
さて、そんな雛祭りについて、外国人に英語で説明できるようにしていきましょう。

【目次】
1.雛祭りの概要を英語で説明しよう
2.雛人形について
3.雛祭りの伝統的な食べ物について
4.今回のまとめ

雛祭りの概要を英語で説明しよう

雛祭りは英語で「Doll’s Festival」です。まずは、雛祭りとは何であるか、概要を英語で説明できるようにしていきます。
雛祭りは女の子の成長と幸せを願うものであり、3月3日に行われるということを説明しましょう。「Hinamatsuri(Doll’s Festival) is an occasion to pray for healthy growth and happiness for young girls.(雛祭りは、女の子の成長と幸せを願うお祭りです)」、「Hinamatsuri is celebrated each year on March 3rd.(雛祭りは、毎年3月3日に行われます)」のような感じです。「It is also called “Momo no Sekku,” which means “Peach Festival.”(“Peach Festival”という意味の、桃の節句とも呼ばれています)」という説明も付け足しましょう。

雛人形について

それでは雛人形についての説明をしていきます。まずは雛人形を飾る習慣があることを伝えましょう。「Most families with girls display Hina Ningyo, which means Hina dolls.(女の子のいる家庭では、”Hina dolls”という意味の雛人形を飾ります)」。次に、雛人形とはいったいどのようなものであるかを説明します。「The dolls depict the imperial court and they are dressed in beautiful ancient court costumes.(雛人形は宮中の様子を表していて、人形たちは、美しい伝統的な宮中の衣装を身に着けています)」などがいいでしょう。
雛人形はもともと厄払いのために川や海に流すものだったので、そのような歴史の説明もできると、なおいいでしょう。「Long ago, people threw paper dolls into rivers and in the sea to drive away evil spirits with them.(昔は厄払いのために、川や海に紙人形を流していました)」。江戸時代に人形は流すものではなく、飾るものになりました。「People began displaying dolls in the Edo period.(江戸時代に人形を飾るようになりました)」。

雛祭りの伝統的な食べ物について

「We eat traditional dishes like Chirashi Sushi and clam soup for the Doll’s Festival.(雛祭りでは、ちらし寿司や、はまぐりのお吸い物などの伝統料理を食べます)」のように、雛祭りに食べる伝統的な食べ物も紹介しましょう。「We also eat sweet white sake(shirozake), rise cake cubes(hina arare) and diamond-shaped rice cakes(hishimochi) for the Doll’s Festival.(また、白酒、雛あられ、ひしもちなども食べます)」。

今回のまとめ

今回は、雛祭りについて英語での説明の仕方をご紹介しました。桃の節句と対になるものとして、端午の節句も英語で説明できるといいでしょう。