お知らせ・コラム

NEWS・COLUMN
2020.09.08

コラム

日本のスポーツを英語で説明しよう!空手について

オリンピックの競技種目にもなった空手は、世界中に1億人以上の競技者がいる大人気のスポーツです。海外でも広く知られている空手のことをもっと知ってもらえるよう、英語で説明できるようにしておきましょう。

【目次】
1.空手を英語で説明しよう
2.空手の起源を説明しよう
3.空手はどのように広まったのか
4.今回のまとめ

空手を英語で説明しよう

空手は英語ではそのまま”karate”と言います。しかし発音は「カラテ」ではなく、「カラーティ、カラティー」という感じです。「Karate is a sport, originally from Japan, in which people fight using their arms, legs, hands, and feet.(空手は日本発祥のスポーツで、腕、足、手、足を使って戦うスポーツです)と英語で説明しましょう。
空手は世界中で1億人以上の競技者がいて、世界空手連盟には191カ国が加盟していることも付け加えます。「The Karate practitioners are over 130 millions around the world and The World Karate Federation has 191 member countries.(世界中に1億3千万人以上の空手競技者がいて、世界空手連盟には191カ国が加盟しています)」。

空手の起源を説明しよう

このように海外でも人気の空手ですが、実は中国拳法をもとに沖縄(琉球王国)で発展したと言われています。そんな空手の起源も紹介しましょう。「Some people think that Karate originated from Japan but it is not a Japanese invention. Karate is actually of Chinese origin and was developed in a country called Ryukyu Kingdom(Okinawa).(日本が空手の元祖だと思う人がいますが、実は日本の発明ではなく空手は中国発祥のもので、琉球王国(沖縄)で発展していきました)」。

空手はどのように広まったのか

第二次世界大戦後に、沖縄に駐屯していたアメリカ人が空手のトレーニングを始めたことにより、空手はだんだんと世界中で認知されるようになっていきました。人気に火がついたのは1960〜1970年代の映画によるもので、このときのブームにより世界各地に空手の道場が作られていきます。最近では、映画「ベスト・キッド」でまた空手のブームが起こりました。空手はこのようにして世界中で広まって行ったのです。
では、これを英語で説明してみましょう。「After World War 2, the Americans who were stationed in Okinawa began to notice the attraction for Karate as a martial art so Americans started to train in it. (第二次世界大戦後に沖縄に駐屯していたアメリカ人が、武道である空手の魅力に気づき始め、訓練を始めました)」、「Because of it, people from around the world started to notice its effectiveness, too. However, Karate’s influence and popularity started to spread around the world on account of the movies in 1960’s and 1970’s.(それによって、世界中の人々も空手の有効性に注目を始めたのです。しかしながら、空手が人気になったのは1960〜1970年代の映画によるものでした)」。

今回のまとめ

今日では、空手は世界中で親しまれているスポーツになりました。空手の起源や、どう世界中に広まっていったのかを外国人に英語で説明できるようにしておけば、話題が広がるでしょう。